海外での利用

どんなときもWiFiがあれば海外SIM・レンタルはいらない!

どんなときもWiFi 海外SIM いらない

    【今回記事はこんな方にオススメ!】

  • 海外によく行くけどレンタルWiFiの手続きが面倒
  • 海外でも低価格でWiFiを利用したい
  • 海外でもストレスフリーでネットを利用したい

海外でもネットをサクサク利用したくありませんか?

どんなときもライオン
どんなときもライオン
海外に行った時って無料のフリーWiFiスポットを探すのにかなり苦労するんだよね。簡単にネットを利用できたらいいな!

実は、どんなときもWiFiなら「追加手続き不要」「おトクな料金」で海外にいてもネット回線を楽しむことができます。

なぜなら次世代通信技術「クラウドSIM」によって海外でも気軽に利用できる機能が付いています。

この記事では、海外でのWiFi利用で不安な3つのポイントを紹介し、不安を解消する6つのオススメな理由を紹介します。

    【どんなときもWiFiが海外利用でオススメな6つの理由】

  • オススメ①:追加手続き不要
  • オススメ②:世界131ヵ国で利用OK
  • オススメ③:おトクな料金体系
  • オススメ④:料金発生は利用日のみ
  • オススメ⑤:通信トラブルに対応
  • オススメ⑥:1GB制限を超えても安心

記事を読み終えると、国内だけでなく、海外でも【どんなときもWIFi】を持っていきたくなりますよ。

\海外利用手続き不要/
申込みはこちら
 1,280円〜の低価格

海外でWiFiを利用する時の3つの不安

どんなときもWiFi 海外 不安

海外に行った時に何かと困るのが”ネット環境”

日本では、スマホのキャリア回線・WiFi・固定回線などいつでもどこでもネットに接続できる環境が整っているのに比べて

海外に行くと(特に街の中心部から外れると)なかなか無料のフリーWiFiスポットが見つからず苦労しますよね。

どんなときもライオン
どんなときもライオン
やっとホテルに帰って無料WiFiに接続してみるも「回線スピードが遅い」「この回線って安全なの?」って心配はつきません。。

海外でのWiFi利用時によくある不安を見ていきましょう。

レンタル手続き

海外旅行の準備ってバタバタしてるとなかなか進めないですよね。

どんなときもライオン
どんなときもライオン
気づいたらいつも前日に急いで準備してる笑

海外でレンタルWiFiを使いたいと思った頃には、手続きが間に合わないなんてこともよくあります。

当日での空港受渡も可能な海外レンタルWiFiもありますが、オプション料金が別途かかります。

それなら、海外に到着した後に現地の海外SIMをレンタルするという選択肢もありますが、

現地のことをよく知らない観光客がレンタルするのは正直ハードルが高いです。言葉の壁もありますしね。

利用料金

まず知っておきたいのがいつも使っているスマホやタブレットにはデータローミングという機能がついています。

データローミング機能とは、日常で使用しているキャリア(docomo、au、SoftBankなど)回線が繋がらない海外にいった場合、各キャリアが提携している現地の通信回線に接続するサービスです。

どんなときもライオン
どんなときもライオン
便利なサービスに見えるけど、データローミングって気をつけないといけないよね!

そうなのです!海外に行く前にデータローミング機能をOFFにしておかないと、海外の回線に自動で繋がり、帰国後に高額請求が携帯会社から来ることも。

※SoftBankはアメリカ放題(アメリカで通話とネットが無料でし放題のキャンペーン)を実施中。アメリカへ旅行を検討しているソフトバンクユーザーの方は一度公式HPをチェックして見た方が良いですね。

ネット回線を確保するには、海外で利用できるWiFiを国内でレンタルするのが一般的です。

以下国内で有名な海外レンタルWiFiのサービスの一覧です。

サービス 料金(1日あたり)※4G回線 補償(1日あたり) 受渡手数料
グローバルWiFi 1.1GB:1,070円~ 200~500円 500円
イモトのWiFi 1GB:1,260円~ 300円 500円
ワイホー(Wi-Ho!) 1GB:1,090円~ 200円 330〜500円

補償や受渡手数料を入れると、安くて1,500円〜2,000円ほどかかりますね。

海外エリアの最安値しか記載していないため、多くの場合上記金額よりも高くなります。

どんなときもライオン
どんなときもライオン
もっとおトクに利用できるWiFiサービスはないかな?

安全性

海外旅行ではホテルやショッピングモール、カフェなどで無料のフリーWiFiスポットを探してネット接続を試みますが、注意が必要です。

  • 接続方法が英語表記でよくわからない
  • 個人情報を入力しないと利用できない
  • セキュリティに問題がある

セキュリティに問題がありクレジットカード情報を盗まれ犯罪に利用された事件も実際起こっています。

「自分は大丈夫」と思っていても、英語表記でよくわからずクリックしてしまいトラブルに巻き込まれるケースがあります。

安全面だけではなく、「ネット速度が遅すぎて使い物にならない」「フリーWiFiスポットを探すのに苦労する」など何かとWiFi事情は悩ましいです。

どんなときもライオン
どんなときもライオン
ホテルのフリーWiFiを利用したにも関わらず高額請求があったと聞いたことがある。無料なのはロビーだけで、客室では有料だったというなんともわかりづらい仕組みの罠にかかったみたい。

どんなときもWiFiが海外利用におすすめな6つの理由

どんなときもWiFi 海外 おすすめ
どんなときもライオン
どんなときもライオン
海外旅行で、快適なネット環境を低価格で安全に確保するのは無理なのかな?

安心してください!そんな時の救世主が【どんなときもWiFi】です。

どんなときもWiFiなら、なんと!手続き不要・おトクに・安全なネットをサクサク利用できるという”スーパーマン”のような海外利用WiFiです。

早速オススメする理由を詳しくチェックしていきましょう!

オススメ①:追加手続き不要

どんなときもWiFi 海外 手続き不要

どんなときもWiFiを利用していれば、面倒な追加手続き一切不要!

普段利用している端末をそのまま海外に持っていけばネットを利用できます。

国内利用と海外利用の兼用ができる便利なサービスです。

どんなときもライオン
どんなときもライオン
急な海外旅行や突然の海外出張にも便利でいいね!

オススメ②:世界131ヵ国で利用OK

どんなときもWiFi 海外 131ヵ国

どんなときもWiFiがあれば日本を含む世界131ヵ国に対応!世界中で利用可能です。

海外旅行で複数の国を訪れる場合もどんなときもWiFiがあれば安心して利用できます。

利用できるエリア・国名は以下の通りです。

利用国エリア1

地域 国名
アジア・オセアニア
(26ヵ国)
韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・
シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・
カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・
バングラデッシュ・カザフスタン・モンゴル・パキスタン・グアム・
サイパン・フィジー
ヨーロッパ
(41ヵ国)
オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・
フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・
トルコ・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・
ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・
アイルランド・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・
アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・
ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島
北米
(2ヵ国)
アメリカ(※ハワイを含む)・カナダ

利用国エリア2

地域 国名
中東
(7ヵ国)
アラブ首長国連邦・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・
イエメン・バーレーン
中米・南米
(17ヵ国)
コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・ベネズエラ・
パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・
ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ
アフリカ
(13ヵ国)
南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・
タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・
ガーナ・ナイジェリア・モーリシャス

オススメ③:おトクな料金体系

どんなときもWiFi 海外 料金

料金はこちらです。

  • 利用国エリア1:1,280円
  • 利用国エリア2:1,880円

日本政府観光局(JNTO)が公表している出国日本人数の動向からも日本人の旅行客の95%以上が利用国エリア1に該当します。

さらに、海外利用時の盗難・紛失にあった場合の補償も利用料金に入っているというおトクで安心な料金体系となっています。

どんなときもライオン
どんなときもライオン
あんしん補償までついて、1,280円ってどんなときもWiFiすごいね!!

オススメ④:料金発生は利用日のみ

どんなときもWiFi 海外 使った分

レンタルWiFiの場合、事前に端末を借りた日から返却日まで全日程分の料金が必要となります。

どんなときもWiFiなら海外で使った日だけ料金が発生するという利用者に優しい仕組みとなっています。

どんなときもライオン
どんなときもライオン
本当に利用者のことを考えてくれている料金体系だね!おトクすぎるよ!!

オススメ⑤:通信トラブルに対応

どんなときもWiFi 海外 遠隔復旧

海外で急にWiFiがネットに繋がらなくなったら不安ですよね。

ルーターの再起動を試してみても効果がない。そんな時にもどんなときもWiFiなら、遠隔操作で復旧が可能です。

クラウドシステムを利用して遠隔で端末情報を取得し遠隔操作で復旧することができます。

条件は、ルーターの電源がONのままで、端末が故障していない場合です。

国内だけじゃなく、海外でもサポートOKという安心のサービスです!

遠隔操作での復旧は以下時間内に”お客様サポートセンター”へ電話で連絡が必要です。

お客様サポートセンターTEL 0120-048-277
受付時間(日本時間) AM11:00〜18:00(月〜土 / 年始年末は除く)
どんなときもライオン
どんなときもライオン
海外でWiFiの不具合という不安な時にサポート体制が整っているのが安心ですね。

オススメ⑥:1GB制限を超えても安心

どんなときもWiFi 海外 低速度

海外では1日ごとに1GBまでの制限がありますが、1GBを超えても回線スピードは384Kbpsで利用可能です。

他社の海外レンタルWiFiは制限容量を越えると128Kbpsとなります。どんなときもWiFiの回線速度が圧倒的に速いですね。

    【384Kbpsの回線速度でできること】

  • YouTubeの標準画質の視聴
  • GoogleMapsアプリの利用
  • LINEの送受信
  • サイト検索

どんなときもWiFiがあれば海外SIM・レンタルはいらない!まとめ

いかがでしたでしょうか?

どんなときもWiFiなら「追加手続き不要」「おトクな料金」で海外でもネットをサクサク利用できます。

    【どんなときもWiFiが海外利用でオススメな6つの理由】

  • オススメ①:追加手続き不要
  • オススメ②:世界131ヵ国で利用OK
  • オススメ③:おトクな料金体系
  • オススメ④:料金発生は利用日のみ
  • オススメ⑤:通信トラブルに対応
  • オススメ⑥:1GB制限を超えても安心

どんなときもWiFiがあれば海外SIMや海外レンタルWiFiは必要ないですね。

国内でも海外でも一台二役のコスパ最強WiFi【どんなときもWIFi】

\海外利用手続き不要/
申込みはこちら
 1,280円〜の低価格
どんなときもWiFi 評判 デメリット 比較 評価
どんなときもWiFiは怪しいのか?デメリットを徹底調査!オススメのモバイルWiFiを探していたら、「どんなときもWiFi」が良さそう! ただ、申し込みの前にどんなときもWiFiのデメリッ...